July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【ネット通販のベストセラーと殿堂入り】ESET ファミリー セキュリティ 3年版(最新版)

ネット通販のベストセラーと殿堂入り
ネット通販でベストセラー・殿堂入りと呼ばれる人気商品ばかりの情報をまとめているブログです。今日最も売れている人気商品の口コミ・レビュー・価格・噂の真相を調査しているブログです。ご購入前に当ブログでご確認を。ネット通販ならではの傾向もありますのでゆっくりとご覧ください。

ESET ファミリー セキュリティ 3年版(最新版)

新品価格
¥4,672から
(2014/12/23 19:12時点)

 ASUS ME173 (7インチタブレット)にも使用。
インストールも問題なくすんなりできました。
今までは無料のセキュリティーアプリを使っていたので
評判のいいアプリなので精神的にも安心できます。
動作も特段遅くなった感じもなく軽快です。
■■■ ノートンからの乗り換え時にはご注意を ■■■
PCはもともと、ノートンを使用しており、アンインストールをしたのですが、
この製品をインストール時には、
『ノートンをアンインストールしてから』とのエラーメッセージが出てきました。
調べたところ・・・
ノートンをアンイストールする際に、それまでの設定を保存するかどうかを
聞いてくるのですが、そこで設定を保存すると、エラーメッセージになるようです。
設定を保存せずに完全に削除にすると、インストールできました。
ノートンからの乗り換えの方はご注意を!
Pentium4 3GHz(Northwood)のCPUを積んだ
10年程前のPCに使用してみました。
G Data、Kasperskyも使用しましたが、
PC自体が非力なため、他のセキュリティソフトでは、
結構引っかかる感じがありました。
ESETは、メモリー、CPUともに使用率が低く、
ストレスは、ほとんど感じません。
他のセキュリティソフトと比べても、軽いと感じられます。
Kasperskyは、メモリーの使用量が少ない半面、
CPUの使用率が高く、非力なCPUでは力不足な感じでした。
G Dataは、メモリーの使用量、CPUの使用率ともに最大で、
使用しているときはかなり引っかかっている感じがしました。
個人的には一番信頼を寄せているセキュリティソフトなのですが、
やはり、旧世代のPCでは厳しいですね。
スペックの高いPCで使用すれば、どのセキュリティソフトでも
問題なく使用できるのでしょうが、非力なPCでの使用では、
ESETの動作の軽さは大きなメリットだと思います。
長年ノートンを使ってきましたが、ESETもかなり良いソフトだと思います。ノートンとは方向性が異なるソフトですが、価格とライセンス体系化には魅力を感じます。
以外、ノートンインターネットセキュリティとの比較を交えながらレビューして行きます。
●ライセンス・価格
友人などとライセンスを共有できるというのはすごく良いと思います。3年間・5台のライセンスでこの価格なら言うことはありません。
※ファミリーセキュリティ/5台3年版の場合
●PCへの負荷
動作は軽いです。PCを使っていてESETが負担に感じたことはありません。ノートンと同程度の軽さだと思います。
●ソフトの造り
ノートンは完全に初心者を意識した設計ですが、ESETは一般的なソフトウェアの設計思想で造られていると感じました。
ノートンはインストールすれば後は自動で保護してくれる感じでメッセージもなにも出ず面倒なことはユーザーには隠していますが、ESETは正直な造りというか普通のソフトです。コンピュータをスキャンすると、アクセスできなかったり解析に失敗したアーカイブファイル等はエラーとして扱われますし、定義ファイルの更新にちょっと失敗してもエラーメッセージが表示されます。解析に失敗したファイルは破損しているといった表示もされますので、PCに詳しく無い人が見ると不安になるんじゃないかとも思いました。ノートンは出来るだけユーザの手を煩わせないような造りがされていて、深刻な状態で無いと通知はされないのでそれに慣れていると鬱陶しく感じました。
※通知は設定により制限することも可能です。
●最新のThunderbirdには非対応
メールソフトはThunderbirdを使っていますが、最新版のThunderbird(*1)には対応していませんでした。受信したメール(POP3)のウィルスチェックはしているそうですが、迷惑メール対策機能はアドオンが対応していない為利用できませんでした。
私はノートンの迷惑メール対策とThunderbirdの標準の迷惑メール機能とを併せて使っていましたので、この機能が無くなるとちょっと厳しいです。
●イメージキャラクター
アンドロイドのようなキャラクターがイメージキャラクターのようです。PC起動時は毎回表示されますし(*2)、メインの画面にもいらっしゃいます。最初はこわい感じがしてちょっと嫌でしたが、宣伝用の ESET Smart Security 5 is here! という動画を見てから怖くなくなりました。この方はPCの中に居て悪いものから守ってくれている様な設定らしいです。ものすごい強いですよ。無敵です。
*1 現時点でのThunderbirdはver.24.3、ESETはver.5.0まで対応。
*2 設定により非表示にできます。
 

ESET ファミリー セキュリティ 3年版(最新版)

新品価格
¥4,672から
(2014/12/23 19:12時点)

ネット通販のベストセラーと殿堂入り
ネット通販でベストセラー・殿堂入りと呼ばれる人気商品ばかりの情報をまとめているブログです。今日最も売れている人気商品の口コミ・レビュー・価格・噂の真相を調査しているブログです。ご購入前に当ブログでご確認を。ネット通販ならではの傾向もありますのでゆっくりとご覧ください。

【口コミ・レビュー・価格・噂の真相】Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)

口コミ・レビュー・価格・噂の真相

今日最も売れている人気商品の口コミ・レビュー・価格・噂の真相を調査しているブログです。ご購入前に当ブログでご確認を。

Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)

新品価格
¥26,152から
(2014/11/28 21:02時点)


 サポートデスクの対応が良かった。安心して導入できると思います。

通販購入者の気持ちは注文後に即使えるのが なによりの喜びです。本商品は、パソコンをほぼ毎日使っているので その意味では翌日配達されて大変ありがたかったです。当初注文時は 約1週間掛かるという案内表示でした。後からこれでは支障を来すということで別途メールで支給送付を依頼したところ前記のように早く届きました。商品はお試し版をモニターしていたので 特に使い勝手等は不都合ありません。以上

何の問題もなく使えています。マイクロソフトのソフトなので心配はしていませんでしたが。

22000円台になっていたうえにクーポンも貰えたので買っておきました。
クラウドは嫌なので、サインインせずに使っています。Office2010とかとほとんど使い勝手はかわりません。新しいSSDのPCでは起動も速く特に気になる箇所もないです。これは凝ったことをしないからかもしれないですが。

PCを買い換えてもライセンスが使えるので、OEMを探して購入するより値段が安ければこちらの製品の方が安心です。これくらいの価格レベルなら素直に買いやすいですね。

会社がOffice365に移行し、個人PCもそれにあわせてSoloにするか迷ったけど。3年後にPCを新しくしたときにはプレインストールモデル買うかもしれないし。。。Skypeも使わない、OneDrive 1TBもいらない。となると、期間限定でこれで十分と判断。
元々、Microsoftアカウントを使っていたから、何の問題もなくインストール終了。

ソフトは問題無し。まあ、あたりまえですが。すぐ届くのは相変わらず凄い。

結果は使用しずに、済みました。
 パソコンが以前の状態に復帰出来ましたの使わず
 自分の知識が無かった、勉強します。

単体での購入に迷いましたが、新しくPCを購入する予算がなく、購入することに。
仕事のアイデアを自宅で練ることが出来、
助かりました。

当方の環境では動作の遅延もなく1度も強制終了等ありません。
ノート等ではまともに動かない症例もあるので実際はadobeのCCシリーズがサクサク動くレベルのPCでなければ厳しいようです。
corei7 4770K
DDR3 1600 16GB
nvidia quadro K600
win764bit

迅速・丁寧にご対応いただき安心してお取引できました。もちろん商品にも満足しています、ありがとうございました。

どうしても必要でしたので 注文いたしました
ダウンロード版は初めての試みでしたが 事前に試版を体験しておりましたので 簡単にインストール出来ました
店頭の価格より少し安く手に入りましたので 買ってよかったなと思っております

複数のPCのうち、メインの2台は高価なOffice購入したが、サブ機用に、試しにこれを購入。当初インストールのやり方に戸惑ったが、指定のやり方に従えば、無事インストール出来た。

大変気にいっています。感謝します。
またお世話になりたいと思います。

今まで何度もofficeを購入してきたが、メディアも不要になり便利になりました。光回線の時代、メディアも置き場所がひつようであり、もはや不要ですな。
送られてきたメールを見てもプロダクトキーが見当たらない。
Word、Excel、Outlook、PowerPoint以外は不要の者にとって、1台あたり12000円弱なので、互換製品やOEM品なども購入する必要はなくなった。
非正規品や中国版だの1年版だのではなく、堂々と日本版正規品がこの値段で購入できるのはありがたい。

正規品なので、当然ですが全く問題なくアクティベーションできました。

プロダクトキーだけなんです。とても楽になりました。よしよしです。

2台分でこの価格は良いです。
ノートとデスクトップにて使用中です。

低価格で大変重宝しております。
ありがとう御座いました。
今後も よい品を期待してます

2台で使用できることが非常にメリットでした。
とても満足しています。

オンラインダウンロードだったので、すぐに使えて大変便利でした。

ダウンロード版は、ソフトウェア自体の保存とか気にせずに、いつでもダウンロードできて安心です。(今のところは)
office2013は、Windows8以上と相性がいいようで、前バージョンよりも使いかってはいいように思えます。

デスクトップに入れて、あとは持ち歩き用のノートパソコンに入れるつもりで購入しました。お買い得でよかったと思います。

オンラインコード製品です。
オジさんなので、ディスクが無いのがなんとなく不安でしたが、インストール~アクティベーションまでとても簡単に出来ました。

2台分なので、新しくノートどディスクを購入する人にはおすすめです。

Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)

新品価格
¥26,152から
(2014/11/28 21:02時点)

口コミ・レビュー・価格・噂の真相

今日最も売れている人気商品の口コミ・レビュー・価格・噂の真相を調査しているブログです。ご購入前に当ブログでご確認を。

【口コミ・レビュー・価格・噂の真相】Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)

口コミ・レビュー・価格・噂の真相
今日最も売れている人気商品の口コミ・レビュー・価格・噂の真相を調査しているブログです。ご購入前に当ブログでご確認を。

Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)

新品価格
¥26,300から
(2014/11/3 19:39時点)

 今年購入した比較的最新のマシン(Core i 5第三世代、メモリ16GB、SSD)にインストールしてみました。
OSはWindows 7(64bit)、Office 2013は32bit版です。
今までOffice 95以降、全てのバージョンを導入してきました。
Office 2013は、Office2010との比較で、全般に見た目はおしゃれ(?)になっているのですが、とにかく動作がもっさりとしています。
特にに遅さが際立つのはWordで、長文をタイプしていると、入力スピードにソフトが着いてこれず、実務上問題があるレベルでレスポンスが遅いです。
レジストリをいじってOffice 2013のアニメーションを全てOFFにしたり、IMEを最適化したり、ATOKで入力してみたり、やれることは全部やりましたが、やはりもっさり感はとれませんでした。
本製品がプロダクトキーのみの販売で、インストールするにはインターネットからインストールプログラムをダウンロードしなければならないこと、ダウンロードするにはマイクロソフトアカウントが必要になることは事前に分かっていたので、その点は若干不満があるとは言え、それほど大きなマイナスポイントとは考えていません。
本製品で一番不可解なのは、「ディスクを作成する」を選択して一旦インストーラーをダウンロードした場合に、パッケージに入っているプロダクトキーとは別に、ディスクからのインストール用のプロダクトキーが発行される点です。何故プロダクトキーを分ける必要があるのでしょうか?
また、本製品では前述の通り、インストールする為にはどのような形態でも(インターネットから直接インストールする場合も、ディスクを作成してインストールする場合も)、マイクロソフトアカウント(≒メールアドレス)が必要となり、このアカウントに対してパッケージに入っているライセンスキーを登録する事になるのですが、一旦あるアカウントに紐付けたライセンスキーは別のアカウントに移行することができません。更に、例えばボリュームライセンスを購入する程の規模ではないような中小企業などで複数のライセンスを購入した場合、1つのマイクロソフトアカウントに複数のプロダクトキーを紐付けると、「マイページ」にライセンスキーを登録した数だけ「インストール」ボタンが表示されることになります(例えば3つのアカウントを登録すると、マイページには3つの「インストール」ボタンが表示されます)が、それぞれのボタンがどのライセンスキーに紐付いているものなのかを知ることができません。そのため、間違って意図しない(あるPCにインストールするつもりではなく、別のPC用に準備した)ライセンスを使ってOfficeをインストールしてしまう可能性があります。厳密に言えば、各「インストール」ボタンの側にある「ディスクを作成」のリンクをクリックすれば、前述のディスクインストール用のプロダクトキーが表示され、また、インストール後にコマンドラインからディスクインストール用プロダクトキーの末尾5桁を表示させることができるので、そうした方法でライセンスを特定することは不可能ではありませんが、どう見てもユーザーに対して不親切な作りと言わざるを得ません。一応、マイクロソフトのHPには、「企業などで複数のライセンスキーを1つのマイクロソフトアカウントに登録する事はお勧めしない」との記載があるらしいのですが、少なくともすぐに分かる場所にはそのような記載はありませんでした(私がそれを知ったのは、前述の問題が発覚した後でネットを検索して見つけた「マイクロソフトフォーラム」の投稿の中でです)。更に付け加えれば、ライセンス管理上の問題が起こっては困るため、事前にマイクロソフトのサポートに電話で「Officeのライセンスを一元管理したいが、1つのマイクロソフトアカウントに複数のプロダクトキーを登録しても問題ないか?」と問い合わせをして「問題ありません」との回答を得ていたにも関わらず、いざ登録したらこの有様です。今回、職場で複数のOfficeを各人に割り当てるためにライセンス管理を厳密に行おうとしていただけに、この”仕様(マイクロソフト談)”には困っています。しかも、それに対してマイクロソフトに「救済策」を求めたところ、「ライセンス管理はお客様の責任においておこなってもらうもので・・・」の一点張りで話になりませんでした。何も当方は「ライセンス管理をしたくない」と言っているのではなく、むしろライセンス管理を厳密に行うためにマイクロソフトに問い合わせを行っているのに、話がまるでかみ合いませんでした。
今まで職場で使っていたOffice2003がサポート切れになるため、仕方なくOffice2013への乗り換えをせざるを得なかっただけに、このようなマイクロソフトの対応には不満が溜まります。私の職場のように、Office2003以前からの乗り換えなら仕方ありませんが、そうでなければこの製品は買わない方が賢明だと思いました。
あと、順番が逆になりましたが、他の方も書かれているようにこのバージョンのOfficeからは、いわゆる「カスタムインストール」がありません。なのでインストールするアプリケーションを選択できない(パッケージに含まれるすべてのアプリケーションが否応なくインストールされる)のに加えて、インストールドライブすら選択できません(システムドライブにインストールされます)。また、一度インストーラーを実行すると、途中でインストールをキャンセルすることができません(既にOffice2013がインストール済みの環境であっても、何の警告も出ずに普通にインストールが行われます。ディスクからのインストールの場合はプロダクトキーの入力を求められますが、ここでプロダクトキーを入力せずに入力画面を「×」ボタンで閉じてもインストールの実行はバックグラウンドで行われ、インストール完了後の最初の起動時にプロダクトキーの入力を求められます。企業などで複数ライセンスを購入、管理する場合にはエンドユーザーが間違ってインストーラーを実行しないようにメディアやマイアカウントの管理を厳重にした方がいいです)ので注意が必要です。
いつ出るか分かりませんが、次のバージョンではライセンスキーの扱いやインストール方法に関して、従来の方法に戻すことを強く望みます。
北米のMS公式フォーラム等で調べたところ、結論として、Office 2013はタッチ操作を前提としたWindows 8に最適化されており、Windows 7では必ずしも快適には動作しないようです。
(当該フォーラムでのクレームはWindows 8以外のユーザー(特にWindows 7ユーザー)から集中しており、今のところ動作の重さ、遅さ、もっさり感を解決する手段はありません)
自分の環境でもOffice 2013をアンインストールし、Office 2010に戻したところ、軽快な動きが戻りました。
結論として、Windows 8ユーザーなら快適に使用できる可能性がありますが、Windows 7ユーザーは最適化されていない、もっさりとした環境で使うことを余儀なくされますので、
残念ながらWindows 7ユーザーにはこれはおすすめできません。

Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)

新品価格
¥26,300から
(2014/11/3 19:39時点)

口コミ・レビュー・価格・噂の真相
今日最も売れている人気商品の口コミ・レビュー・価格・噂の真相を調査しているブログです。ご購入前に当ブログでご確認を。
12>|next>>
pagetop